田舎日記ホーム >>> 長期体験 >>> 田んぼオーナー制度 >>> 小規模向け「区画オーナー」 - 概要

小規模向け「区画オーナー」 - 概要

owner_mini.jpg区画オーナー制度

大きな田んぼを区画化し、複数のオーナー様で栽培条件を合わせて、米作りを行います。そのため、カップルでも・ご家族でも・おひとりでも、田んぼのオーナーになれるのが特徴です。

区画の広さは、左に掲載のお写真のイメージです。これが1区画(1a)です。機械の後ろに洗濯竿のようなものがあって、そこに架かっているのが稲刈り後のお米です。このお米の量で、50kg程度の収穫になります!

料金は、1区画(約1a)で、4.2万円(30kgの保証付き)です。1区画からの複数区画のご利用が可能です。8区画以上をご希望の方は、区画オーナーではなく、田んぼオーナーをご利用ください。

小規模向け「区画オーナー」の詳細は、「続きを読む」でご確認ください。


栽培方法/日常管理について


2013年も無農薬無・化学肥料栽培による運営です。地元の鶏糞を使った土作りを行っており、種籾の消毒から、消毒剤や化学合成物質は利用していません。なお、田んぼの日常管理は、地元の農業生産法人株式会社清左衛門に委託しております。


お米の品種について


植えるお米は、「とねのめぐみ」というコシヒカリ系のお米です。
「とねのめぐみ」は、コシヒカリよりも食味が高く、倒伏(稲が台風などで倒れること)性が低く、収穫期がコシヒカリよりも遅いという特長があります。コシヒカリを親にもつ品種ですので、コシヒカリを日常食にされている方におススメです。4月末に田植え、6月頃に草取り、9月中旬に稲刈りを予定しています。


その他の費用について


田んぼの収穫までに必要な費用は含まれておりますので、お米が出来るまでに別途必要な費用はございません。但し、以下の費用は別途必要となります。

  • 田んぼまでの移動にかかる交通費、現地での飲食代、入浴料金

  • 田植え前日の講習会における宿泊費(1泊朝食付5,800円:コテージ&ペンションNANじゃMONじゃ)

  • 収穫されたお米を個別包装等行う際の梱包費(60~120円/1枚:サイズやデザインによって異なります)、お届け先までの配送料(864円/1ヵ所毎30kg迄)

  • 収穫されたお米を、翌年までお米専用冷蔵庫でストックする場合(年間1,000円/30kg毎)


2016年度・田んぼオーナーのお申込み書類


2016年度の田んぼオーナー申込については、企画書をご覧ください。お申込みは、以下のPDFをご確認のうえ、FAXにてお申込みください。ご自宅にプリンタやFAXが無い場合は、同様の内容をメールにてお知らせください。


大きな画面で動画CMをみる