東京から80分の千葉県で田んぼのオーナーになる(農業体験農園)

田んぼを面積単位で契約し農業体験にも参加する。収穫量はオーナーの意欲によって変動する本格的な田んぼオーナー制度です。東京都心から80分の千葉県九十九里で農業体験農園,。飲食店様や友人同士で田んぼを貸切できます。コシヒカリのみならず、無農薬栽培の古代米栽培等も1反(収穫米見込量240kg)から可能です。

田んぼオーナー制度

いなか日記の田んぼオーナー制度は、米作りの1年間を自ら経験出来ます。米作りの「学ぶ・体験する・食す」の本格的な稲作農業体験農園です。小中学校・高校・ゼミ/サークルなどの教育旅行や修学旅行、課外学習の場としてご利用いただけます。東京から80分の千葉県・九十九里で田んぼをもとう!

2017年度田んぼオーナー募集開始しました。

2017年度の田んぼオーナーに関するお申込みフォームが完成いたしました。
企画は昨年同様です。

〇田植え予定日
【芝崎エリア】4月29日(土)午前の部、午後の部
【虫生エリア】4月30日(日)午前の部、午後の部
【長塚エリア】5月GW以降の土日(宿泊付きは日曜日に田植え)

ご検討よろしくお願い申し上げます。

はじめに - 田んぼオーナー制度

owner_top2.jpg田んぼオーナー制度とは?

私たちは2004年から、千葉県横芝光町にある耕作放棄地を開墾し、地元の宿泊施設などと連携し、田植え体験・稲刈り体験を実施して参りました。そんな農業体験に毎年ご参加頂いているお客様の声から誕生したのが『田んぼオーナー制度』です。

そもそも「米」という漢字は「88」が起源です。「88」とは米作りの1年にかかる人と手間を表しています。しかしながら、通常の農業体験ではお膳立てされた「1つ」の体験に過ぎません。田んぼオーナー制度は、もう少し米作り(最低で「3つ」)に参加してもらう企画です。

「田んぼオーナー」になるには、自分の区画の①田植え・②草取り・③稲刈りの最低3回、お越し頂くのが条件です。1区画でのお米収穫量は、30kg~74kg(2014年度実績値)と開きがあります。この2倍以上の収穫差こそが、皆さんのやる気。やればやるほど成果がみえる。それが田んぼオーナー制度の米作りです。

もうひとつの魅力が、「米作りと歩む1年」であることです。
自然の中で、様々な体験や地域との交流ができ、子どもたちの普段見られない笑顔、好奇心であったり、時には子どもだからこその発想や、子どもたちに教えられることさえあります。そんな1年を、この地域と共に過ごすことができます。

年間スケジュール - 田んぼオーナー制度

owner_komedukuri.jpg年間スケジュール

私たちの田んぼオーナー制度は、化学合成物質や薬剤に頼らず、自然の中で米作りを行います。そのため、予定していたスケジュールが変更することもございますことをご了承ください。1年に1回しか収穫できないお米です。スケジュール調整が難しくなることもありますが、ご協力をお願いいたします。

1.オーナー募集締め切り
毎年1月末にオーナー様の募集を終了させて頂いております。田んぼの準備は2月から始まっており、3月には種まきを行い、田植えするための苗作りをしなければなりませんので、ご理解ください。締めきり時に、オーナー申込者様が多数の場合は、勝手ながら抽選とさせて頂くこともございますので、ご理解ください。

その後のスケジュールについては、「続きを読む」でご確認ください。

小規模向け「区画オーナー」 - 概要

owner_mini.jpg区画オーナー制度

大きな田んぼを区画化し、複数のオーナー様で栽培条件を合わせて、米作りを行います。そのため、カップルでも・ご家族でも・おひとりでも、田んぼのオーナーになれるのが特徴です。

区画の広さは、左に掲載のお写真のイメージです。これが1区画(1a)です。機械の後ろに洗濯竿のようなものがあって、そこに架かっているのが稲刈り後のお米です。このお米の量で、50kg程度の収穫になります!

料金は、1区画(約1a)で、4.2万円(30kgの保証付き)です。1区画からの複数区画のご利用が可能です。8区画以上をご希望の方は、区画オーナーではなく、田んぼオーナーをご利用ください。

小規模向け「区画オーナー」の詳細は、「続きを読む」でご確認ください。

中規模・大規模向け「田んぼオーナー」 - 概要

owner_big.jpg田んぼオーナー制度

田んぼ1つ・まるごとオーナーになれるのが田んぼオーナー制度。全部手作業ではなく、農家の使っている機械を駆使することも出来ますので、本格的にやるなら2名様から、体験要素を入れるなら2名様~360名様までご利用頂けます。

「88」ある米作りのどの部分からご自身でやられるか?体験企画でやるか?作業委託するか?など企画構成要素は無限大!中高生の課外学習、大学生のゼミ、社会人サークルや社内福利厚生企画、ハウスメーカー、新規就農希望者、カフェ/飲食店・小売店・旅行会社でのPB商品にと、様々な目的でご利用頂いております。

料金は、一番小さい田んぼが区画オーナーの8区画分(約8a)からとなっています。田んぼの広さ、植えるお米の品種によって異なります。

中規模・大規模向け「田んぼオーナー」 の詳細は、「続きを読む」でご確認ください。

大きな画面で動画CMをみる

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">